白髪とストレスは関係ある?

ルプルプ初回限定39%OFF。ルプルプは4色のカラーから選べます。深みのある自然なダークブラウン、明るめでエレガントなブラウン、赤みをおさえた自然な色あいモカブラウン、黒すぎないソフトブラックの4色です。

白髪がストレスによって増えるというのは聞いたことがあるでしょうか。
ストレスによって白髪が増えるのは事実で、白髪以外でも脱毛や薄毛にも関係していく場合があります。
それだけ毛髪はストレスによる影響を受けやすいということです。

ではなぜ白髪はストレスによって増えるのでしょう。
日本人の髪の毛が黒いのは、メラニン色素によるものです。
メラニン色素はメラノサイトと呼ばれる色素細胞で作られます。
このメラノサイトは、元々人間の神経細胞が分化したもので、非常に精神的な影響を受けやすいのです。
そのため、心労やストレスの多い生活を続けることで、メラノサイトの機能が低下しメラニン色素を生成しなくなり白髪になりやすくなるといわれています。

ストレスは自分で感じられるものであれば、ストレスがかからないように気をつけることはできるでしょう。
しかし、生活する中で自分では感じることができないストレスに蝕まれていることも多いのです。
その中でも、最も毛髪に大きなダメージを与えているのが睡眠に関するストレスです。
自分の中で、睡眠不足であることを認識し、それがストレスであるとわかっている分では、自分で睡眠時間をとるように気をつけることができるでしょう。
しかし「自分は夜型だから平気」「日中十分休んでいるから大丈夫」など、夜更かしが当たり前で自分ではストレスを感じていない方が危険なのです。

人間の体は、昼は活動して夜は寝るというように作られています。
これは自律神経の働きそのものが、長い人類の歴史のなかでそのようになっているのです。
ですから、昼間は交感神経が働き、夜間は副交感神経が働いて、眠っている間に細胞の修復や再生を活発に行なうようにできています。
毛髪の元になるものも色々な細胞が絡み合っているため、夜にしっかり体を休めていないと細胞の修復や再生が困難になります。
ですから夜更かしが原因でメラニン色素が生成しなくなり、白髪になってしまう可能性というのは大きいわけです。

また、ストレスによって血流が悪くなり、毛細血管まで栄養が行き届かなくなりますので、毛髪に十分な栄養が行かないのも白髪の原因の一つとも言われています。
人間の細胞が活発に修復・再生したり、毛細血管の血流が最も良い時間というのは夜10時から午前2時と言われています。
白髪がストレスによるものかもしれないと感じた方は、この時間までには寝るように心がけましょう。

ルプルプは、やさしい白髪用トリートメント

  • 自宅で染めたい方におすすめ。
  • 髪を傷めたくない方におすすめ。
  • 髪のパサツキが気になる方におすすめ。
  • 頭皮が敏感な方におすすめ。

ルプルプヘアカラー公式サイト

このページの先頭へ