白髪染めは、いつからがよいのか?

新発売・ルプルプ泡のヘアカラーフォームも初回限定お試し価格で購入できます。泡のヘアカラーフォームは2色のカラーから選べます。ダークブラウンとブラックの2色です。
ルプルプ初回限定39%OFF。ルプルプは4色のカラーから選べます。深みのある自然なダークブラウン、明るめでエレガントなブラウン、赤みをおさえた自然な色あいモカブラウン、黒すぎないソフトブラックの4色です。

白髪染めはいつから行なうのでしょう。
大抵の人は、白髪が目だって気になってきたら白髪染めをするようです。
ただ、オシャレ染めから白髪染めに移行するタイミングが良くわからないと言う方が多いと思います。
特にはっきりとしたタイミングもありませんが、はさみでカットできる量ではなくなったり、髪型を変えたり結ったりしても隠し切れなくなるほど白髪が増え始めたら白髪染めに変更するのが良いかもしれません。

このように頭頂部の白髪は自分では気づきにくいものです。

白髪の生え方も人それぞれで、表面はそこまで目立たないけれど、髪の毛をめくり上げると結構白髪があったり、サイドだけが非常に多く白髪が生えていたりする人もいます。
自分では白髪の量を気づきにくいですが、わまりの人は「老けてきたな」という思いであなたのことを見ているかもしれません。
特に鏡で確認しにくい後頭部や頭頂部の白髪は、自分が気づかなくても、まわりの人たちは気づいています。
鏡を見ていて白髪が目立つようになってきたなと感じたら、そのときから白髪染めをおこなっていくほうがよいでしょう。

白髪染めをおこなうときに気を付けないといけないのは、白髪染めによるアレルギーです。
アレルギーを起こしやすい成分のジアミン系を使用している白髪染めは避けるほうがよいでしょう。

ジアミン系の白髪染めは化学反応により、髪の内部から染めていきます。
そのため染まりやすいのですが、ただれ・かゆみ・かぶれ・ジンマシンなどの肌トラブルを起こす可能性があり、一度アレルギー症状がでると、その後使い続けるたびに症状がひどくなる可能性があります。

ルプルプとジアミン系白髪染めとの比較表です。

このサイトでご紹介しているルプルプはノンジアミンの白髪染めですので、わたしは安心して使っています。
ルプルプは、髪の表面をコーティングするヘアマニキュアタイプです。
そのため、ジアミン系の白髪染めより染まりにくいというのがありますが、最初の使い始めは3日連続で使用することによりキレイに染まります。
染まり方には個人差がありますが、 どれだけキレイに染めても白髪は2週間もすればまた生え際から生えて目立ってきます。
白髪を目立たせなくするために、わたしはルプルプを1週間に1~2度くらいの頻度で使っています。

苦労すると白髪が増えると聞きますが、実際、ストレスなどの精神的ダメージは毛髪に非常に影響します。
ストレスがかからない生活を送るように心がけたり、髪に良いとされる良質たんぱく質や海藻類・、魚介類を摂取することも大切です。
一度生えてしまった白髪は黒くなると言うことはほぼありませんので、白髪を増やさぬよう予防しながら上手に白髪と付き合っていきましょう。

ルプルプは、やさしい白髪用トリートメント

  • お家で簡単に染めたい方におすすめ。
  • 髪や地肌を傷めたくない方におすすめ。
  • 男女共に使えます。
  • 地肌の敏感な方におすすめ。

[新発売] ルプルプ泡ヘアカラーフォーム公式サイト

ルプルプ公式サイト(クリームタイプ)

このページの先頭へ