白髪染めは、いつからがよいのか?

ルプルプ初回限定39%OFF。ルプルプは4色のカラーから選べます。深みのある自然なダークブラウン、明るめでエレガントなブラウン、赤みをおさえた自然な色あいモカブラウン、黒すぎないソフトブラックの4色です。

白髪染めはいつから行なうのでしょう。
大抵の人は、白髪が目だって気になってきたら白髪染めをするようです。
ただ、オシャレ染め、いわゆるカラーリングから白髪染めに移行するタイミングが良くわからないと言う方が多いと思います。
特にはっきりとしたタイミングもありませんが、はさみでカットできる量ではなくなったり、髪型を変えたり結ったりしても隠し切れなくなるほど白髪が増え始めたら白髪染めに変更するのが良いかもしれません。

白髪の生え方も人それぞれで、表面はそこまで目立たないけれど、髪の毛をめくり上げると結構白髪があったり、サイドだけが非常に多く白髪が生えていたりする人もいます。
白髪の量や生え方によってはまだ白髪染めでなくてもカラーリングでぼかしてごまかせる場合もあると思います。
ただ、結構な量の白髪があるのに、カラーリングで済ませようとすると、白髪が変に浮いてかえって目立ってしまいます。
白髪をしっかり染めるならやはり白髪染めで染めないときれいに仕上がりません。

白髪染めは、色素を失った髪の毛に成分を浸透させて色をつけます。
しかし、カラーリングの場合は黒い髪の表面にコーティングして色をつけますので、白い髪の毛と黒い髪の毛の色の付き方が違って見えてしまいます。
ですから白髪染めをいつから使用するのが良いかの判断は、自分の白髪の量や生え方で決めるのが良いでしょう。
その辺は髪の毛のことですので、いきつけの美容室や床屋さんに相談してみるのが一番良いと思います。

白髪染めは、もちろんカラーリングもそうですが、2週間もすればまた生え際から白髪が生えて目立ってきます。
だからといって頻繁に染めるのは、手間も費用もかかってしまいます。
また、髪の毛や頭皮への負担も気になるところです。

苦労すると白髪が増えると聞きますが、実際、ストレスなどの精神的ダメージは毛髪に非常に影響します。
ストレスがかからない生活を送るように心がけたり、髪に良いとされる良質たんぱく質や海藻類・、魚介類を摂取することも大切です。
一度生えてしまった白髪は黒くなると言うことはほぼありませんので、白髪を増やさぬよう予防しながら上手に白髪と付き合っていきましょう。

ルプルプは、やさしい白髪用トリートメント

  • お家で簡単に染めたい方におすすめ。
  • 髪や地肌を傷めたくない方におすすめ。
  • 男女共に使えます。
  • 地肌の敏感な方におすすめ。

ルプルプヘアカラー公式サイト

このページの先頭へ