白髪染めの基礎知識について。

新発売・ルプルプ泡のヘアカラーフォームも初回限定お試し価格で購入できます。泡のヘアカラーフォームは2色のカラーから選べます。ダークブラウンとブラックの2色です。
ルプルプ初回限定39%OFF。ルプルプは4色のカラーから選べます。深みのある自然なダークブラウン、明るめでエレガントなブラウン、赤みをおさえた自然な色あいモカブラウン、黒すぎないソフトブラックの4色です。

年齢と共に白髪はどんどん増えてきます。私も40代後半となり白髪が増える一方です。
白髪染めの基礎知識を知って、白髪と上手に付き合っていくしかないと思い、白髪や白髪染めについていろいろと調べました。

白髪が出てくると、実年齢よりも年上に見られがちです。
また生え方によっては格好が悪いので、白髪ができ始めると髪を染めてみようかなと考えるでしょう。
白髪染めの基礎知識を知っておけば、これからどのように白髪と付き合っていくべきかがわかってくるかなと思います。
白髪が増えたと嘆いてばかりでもしかたがないので、しっかり白髪染めの基礎知識を学んでいくことにします。

白髪染めの比較表です。

白髪染めにはいくつか種類があります。
一般的な白髪染めはジアミン系です。
1剤と2剤を混ぜ合わせて使用するタイプのもので、クリーム状のものや、泡状、ムースなどと様々なタイプがあります。
1剤2剤を混ぜ合わせることで、染料が酸化します。いわゆる化学反応を起こします。
仕組みとしては、1剤に含まれているアルカリ剤によって髪の表面のキューティクルを開いて、髪の内部の色素を脱色します。
そして、染料が開いたキューティクルから髪の内部に侵入、染料と化学反応を起こすと染料同士が結合して粒子が大きくなります。
大きくなると髪から出られなくなり髪に色が定着します。

一度脱色しているため、ジアミン系の白髪染めはとても高い染毛力を持っています。
一度染色すると、多少の色落ちや色あせはあっても、基本的には長期間色が長持ちします。
ただ、ジアミン系の白髪染めは刺激が強いため、肌の弱い人や、髪が非常に傷んでいる人には適してません。
肌の弱い人の場合は肌荒れや、抜け毛、薄毛の原因になることもあります。
アレルギーを起こしやすいと問題になっています

このような方には、ヘアマニキュアタイプが良いと思います。

ジアミン系白髪染めは内部に色を定着させるのですが、マニキュアタイプは髪の脱色はせずに、表面のたんぱく質を染めます。
ですから、ヘアカラータイプと比べると、色の仕上がりに違いはでますし、色落ちしやすいです。
しかしヘアマニキュアタイプは刺激が少なく、髪の毛をコーティングするため、ツヤツヤサラサラな髪に仕上がります。ルプルプや利尻ヘアカラーはマニキュアタイプです。

他には一時染めタイプがあります。簡単に言うと白髪隠しです。
スプレータイプやスティックタイプ、パフタイプなどがあります。
白髪の気になる部分を一時的に隠すもので、効果は1日程度ですが、急なお出かけやちょっとした旅行などに重宝します。

白髪染めは真っ黒な髪になるというイメージがあるかもしれませんが、現在では色のバリエーションも豊富です。
安全性の面でも、手軽に買えるほどニーズが高まっていることもあり、成分にもこだわって作ってるところも多く、植物由来のものが人気があります。

わたしは、ジアミン系白髪染めで髪を傷めるのが怖いので、ヘアマニキュアタイプのルプルプを使用しています。
肌に刺激もなく、ちゃんと染まっているので満足しています。

ルプルプは、髪と地肌にやさしい白髪用トリートメント

  • 自宅で染めたい方におすすめ。
  • 髪を傷めたくない方におすすめ。
  • 髪のパサツキが気になる方におすすめ。
  • 頭皮が敏感な方におすすめ。

[新発売] ルプルプ泡ヘアカラーフォーム公式サイト

ルプルプ公式サイト(クリームタイプ)

このページの先頭へ